店舗せどりのメリット・デメリット

店舗せどりとは、店舗に足を運んで商品を仕入れ、仕入れた価格よりも高く売ることです。インターネットで購入をして仕入れるせどりもありますが、店舗せどりには店舗せどりにしかないメリットがあります。

●コンディションを確認できる
店舗のよいところは、実際に自分の手に取って商品を確かめられることです。
書籍、CD、DVDなど中古品がインターネットで販売されていて、「可・良い・非常によい」などコンディションが記載されていますが、自分が思っている良いと販売者側が思っている良いは違います。実際に手元に届いて自分の目で確かめるまでわからないのです。
しかし、店舗なら実際に自分の目で確かめることができるので、コンディションについて安心できます。

●送料がかからない
インターネットで仕入れると送料がかかってしまうことがあります。せっかく商品自体が安くても送料がかかるようでは、結果的に費用がかかってしまいます。送料無料となっている商品もありますが、商品の価格に送料分が上乗せされている可能性があります。
店舗なら送料はかかりません。自分の足で商品を買いに行き、自分の足で持ちかえれば送料無料です。

●大量仕入れができる
オークションの場合、個人で出品している商品は1点しか購入できません。せっかく安い商品でも、1点だけ仕入れて販売をしても大きな利益にはなりません。
しかし、店舗なら好きなだけ購入ができます。安い商品を見つけたとき、大量購入が可能なのです。

●相場を学ぶことができる
いろいろな店舗でさまざまな商品を見ていると相場がわかってきます。相場がわかっていれば、目の前の商品が安いのか高いのか判断できます。
また、店舗なら商品が棚にずらっと並んでいるので、一度に多くの商品を眺めることができ、どういった商品があるのか学ぶこともできます。

●デメリット
店舗せどりにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

・店員の目が気になる
商品を物色しているとき、自分が使うために購入する人と、せどりのために購入をする人では、商品の探し方や行動が違います。そのため、店員に目をつけられる可能性があります。
初心者は商品を選びにくく感じるかもしれません。

・仕入れできる店舗数が少ない
地域によっては仕入れできる店舗が近くにないこともあります。この場合、電車や車などを使って遠い距離を移動しなければなりません。遠い距離を移動すると電車賃やガソリン代が高くかかってしまいます。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です